示談と過失割合について

| 未分類 |

自動車事故を起こしたときに、どちらかが一方的に悪いというケースは実はあまり多くありません。やはり両者に一定の過失があって事故が起きるというケースが多く、被害者にも過失はありえます。そこで通常は加害者が被害者に対して賠償責任を負うわけですが、すべての賠償責任は負わないことも多いです。
ではどこからどこまでを加害者が賠償するか判断する基準として、何が使われるのでしょうか。保険会社では、過失割合の基準のマニュアルを持っています。この割合に乗っ取って、どちらがどのくらいの過失を担っているかを判断して、賠償金を判断します。

 
この割合ですが、過去に起きた裁判などの判例をベースにして決めています。どの保険会社でも同じ基準のもとで交渉をしますので、保険会社同士が交渉をする時にもめることは少ないです。

???? Vol.107 ?????????????
自動車事故を起こして、保険に加入しているのであれば保険会社のスタッフに代行してもらって、示談交渉に参加する必要はありません。自分が別に交渉にかかわらなくても、この割合をベースに話し合いを進めるのでスムーズに賠償金などが決まるわけです。歩行者と四輪車、四輪車同士、二輪車と四輪車、高速道路の事故などあらゆることを想定して割合が決まっています。