事故に遭った場合の初期対応

| 未分類 |

事故に遭った際に頼りになる自動車保険ですが、まずは現場で出来ることを自分で行う必要があります。自分が加害者の場合は、けが人を安全な場所へ移してから救急車と警察へ通報し、二次被害を防ぐため発煙筒や停止表示機材を設置してから保険会社に連絡します。

 
???? Vol.83 ?????????被害者の場合は、お互いの身元を確認するために車検証、免許証などのを身分証をコピーする必要があります。また、目撃者がいれば協力依頼をして携帯カメラなどで現場撮影をしてから保険会社に連絡します。事故を起こした時のために、必要な身分証かそのコピーを常に車の中に保管しておくべきです。
自動車保険を扱う保険会社には、ダイレクト型と代理店型の2種類があります。近年増加傾向にあるダイレクト型の多くは店舗を持たず、インターネットや電話で契約などを行うことでコストを減らすことで、代理店型よりも保険料が安くなる場合が多いです。

 
また、ダイレクト型は事故の相手との交渉の状況をウェブサイトで確認出来、担当者とチャットでやり取りが出来るなど多忙な方には嬉しい機能が提供されています。一方の代理店型は担当者の顔が見えるため、ダイレクト型にはない安心感を得ることが出来ます。どちらにもメリットはあるので、提供されている機能をよく吟味し決断することが大事だと言えます。