自動車保険を選ぶ際、ダイレクト型と代理店型のどちらにするかで迷う人は多いです。双方にメリットがあるため、自分に合う保険商品を選ぶのが難しいのです。

 
まずは自分が希望する保険のあり方を考えてみることが大切です。選ぶポイントさえ決まれば、それに見合った保険を見つけるために、情報収集していけばいいわけです。今回は、事故対応の仕方にスポットを当てて考えてみます。

 

道路02
ダイレクト型は保険料が安いために、事故時の対応が悪いという噂を耳にすることがあります。確かにダイレクト系の保険が出始めた頃は、対応がずさんだった会社もあります。対応が遅くなったり、適切な誘導がないというトラブルがありました。

 
しかし最近では迅速かつ丁寧な対応を心掛けている保険会社がほとんどです。対応の内容と質は、代理型と変わらないと言われています。保険料を安く抑えられるのは、ネット申し込みで人件費を抑えるなどの工夫をしているからなのです。

 
対面式で申し込む保険の場合は、担当者が事故時も応対してくれるというメリットがあります。気心の知れた人が面談で対応してくれる安心感があります。代理店で長年契約している人は、担当者がいる限り安心して任せられるという利点があるわけです。