拠点数もしくは保険契約1件あたりの拠点数で選ぶか

| 未分類 |

自動車保険にはダイレクト型と代理店型があります。保険料ではダイレクト型が安くなります。自動車保険では自動車事故が起きた場合の対応では、契約内容によりますが、ダイレクト型と代理店型で差はありません。

???? Vol.83 ?????????
事故が起きた場合に対応してくれる損害サービス拠点は代理店型の方が圧倒的に多くなります。しかし、ダイレクト型と代理店では、保険加入者数が大幅に違います。代理店シェア1位とダイレクト型1位での正味収入保険料を比べると代理店の方が10倍以上の額となっています。つまり、代理店の方が多数の契約者数がいるということになるのです。ダイレクト型拠は点の数は少ないですが、契約者が大幅に少ないため、保険契約1件あたりの拠点数では、代理店型よりも充実しているのです。

 
自動車保険を選ぶ際には、単純に拠点の数だけで判断するのではなく、契約者数も確認することが必要なのです。

 
また、自動車事故を起こした場合、保険会社の担当者はほとんど来ません。まれに、かけつけてくれる営業担当者もいますが、そばにいてくれて心強いというだけです。事故対応は各社ともロードサービスでしています。つまり、事故対応において拠点の数が与える影響は、個人が思っているよりも大きくないのです。