ダイレクト型と代理店型どちらが安心?

| 未分類 |

自動車保険の保険料を節約する代表的な方法として、インターネットで申し込むダイレクト型自動車保険というものがあります。これは保険代理店を間に通さない事で中間マージンを省き、そのぶん保険料を安く抑えようというタイプの保険になります。
保険会社がユーザーと直接契約を結ぶので、24時間見積もりを依頼したり契約申込をすることができるメリットがあります。逆にデメリットとして補償内容の説明を受ける事ができないので、自動車保険に詳しい人でないと内容を理解しにくい点があります。契約内容に誤差が生じることもあり、実際の事故対応に不安を感じる人もいます。

新幹線02

そして代理店型はしっかり内容を説明してもらうことができる点、プロによる保険の一元管理をしてもらえる事に安心できるというメリットがあります。そのぶん、ネット通販の商品よりも保険料が高くなってしまいます。そして代理店にも良し悪しがあるので、整備工場や周囲の評判を聞いて決めるのが納得できる選び方です。経験や知識が豊富で、交渉時にこちらに有利に話を進めてくれる様な代理店や担当者を見極めることが大切です。どちらもメリット・デメリットがあるので、それを踏まえて保険料を取るか安心を取るかの選択になるのです。